電子契約のススメ|展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される
男性女性

展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される

電子契約のススメ

男女

契約の統合管理

中小企業において、ある程度規模が大きくなってくると、各部門が独立して個別に様々な契約を結んでいくことが多くなってきます。契約書などの管理も個々に行われることになるため、一元管理がなされていない場合も多いようです。その結果、必要な契約書がなかなか見つからなかったり、原本を紛失してしまったりというトラブルが頻発するようになってしまいます。そうした問題に対応するシステム的なソリューションとして契約書管理システムの導入が、中小企業を中心に進められています。契約書管理専門のシステムであったり、ワークフローシステムの機能として取り込まれていたり、その方法は様々ですが、いずれの場合も導入によって契約書関連情報の一元管理が実現できるようになっています。契約書管理システムの導入によって得られるメリットとしては、一元管理による原本管理の安全性の向上、情報検索の容易化等が挙げられます。また契約に関する情報の共有化によって、いわゆる「見える化」が実現できるというのも大きな利点のひとつと言って良いでしょう。契約書管理システムによっては電子契約に対応しているものもあり、これを導入することによって、契約関連業務に関する手続きを大幅に削減することができるようになります。契約書管理システムの導入によって、契約関連の情報や書類の管理は保全面において大きく強化され、一連の処理が効率化されるようになるわけです。書類の郵送料や印紙税等を削減することができるようになるので、コスト削減にも大きく貢献することでしょう。