顧客情報を資産化できる|展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される
男性女性

展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される

顧客情報を資産化できる

女の人

個々の情報を統一

会社の営業担当者は、それぞれ担当する顧客を持っています。アプローチの仕方などはそれぞれの担当者によって任されていますから、顧客に関する情報もその担当者のみが保有することが多いです。ただ、その情報の中には、他の営業社員や部署などで活用できるものも多くあります。CRMシステムを導入すると、個々の営業社員の顧客情報を一元管理することができます。ですから、営業部全体で情報を見ることができ、他の部署からも情報を見ることができます。それを参考にして、新しい顧客開拓ができる場合もあります。CRMシステムによって、営業情報が可視化されやすくなります。上司などが部下の活動を把握しやすくなるので、適切な指示を出すことができます。顧客のことを管理する方法として、名刺ファイルを利用することがあります。営業の時にもらった名刺をファイリングしている人もいます。アナログ情報なので、検索するのに非常に時間がかかります。担当者の変更などがあると、やはり手作業で行う必要があります。CRMシステムの場合、名刺情報はすべてコンピュータの中に入っています。サーバデータなどに入っていますから、権限のある人であればいつでも情報を検索することができます。CRMシステムではデータの更新もすぐに行えます。ですから、常に最新の情報をコンピュータ内に持つことができます。企業内では担当者変更などが一定間隔で行われますから、その時にもスムーズに行うことができます。