共有化で効率をアップ|展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される
男性女性

展示会の装飾はプロにお任せ|匠の技に圧倒される

共有化で効率をアップ

名刺

検索や管理が可能

営業になりたての場合、担当顧客が1社や2社のこともあるでしょう。担当者も少ないですから、何も見なくても担当者のこと、その会社のことがわかります。しかし、10社、100社、それ以上を担当するようになるととてもすべての会社のことを覚えることはできません。名刺管理ソフトは、コンピュータ上に名刺の情報を入力し、さらに関連情報の管理をすることができます。検索機能で比較すると、社名や、担当者、営業担当者などをキーにして調べることが可能です。アナログデータだと、担当変更の場合大量の名刺や資料をやり取りすることになります。名刺管理ソフトであれば、データを見るだけで行うことができます。ソフトを比較すると、他の営業関係のシステムと連動しやすいものもあります。こちらのデータを変更すれば、連動先にも反映できるようになっています。名刺情報は、名刺でそのまま管理する方法と、名刺の情報をコンピュータなどに入力して管理する方法があります。コンピュータに入力するときは名刺管理ソフトを使うことになりますが、比較をすると入力方法でいくつかの違いがあります。最も単純なのは、目で見てその情報を手で入力する方法です。一旦入力すると管理はしやすいですが、1日に何枚も入力するとなるとかなり大変なこともあります。名刺管理ソフトの中でも比較的多くなっているのは、スマートフォンで入力ができるタイプです。スマートフォンの写真機能でデータを取り込み、その中の文字情報を認識して勝手にデータ化してくれます。多少修正は必要ですが、入力作業を大幅に削減できます。